ヒストリー

HISTORY

1999年
1999年
創立50周年記念公演「シンデレラ」全幕*(ゲスト:スティーヴン・ヒースコート) <創作バレエ3> 「テス」「卒業舞踏会」
【創立50周年。】
1998年
1998年
「白鳥の湖」全幕*(ゲスト:熊川哲也)
<創作バレエ1> 「テス」(振付:望月則彦) <創作バレエ2> 「Path」(振付:大岩静枝)、「Noah」(振付:春日桃子)、「リリオム」(振付:望月則彦)
【<創作バレエ>シリーズが始まる。】
1997年
1997年
「ジゼル」全幕 (ゲスト:熊川哲也、張衛強)
1996年
1996年
「白鳥の湖」全幕、「リゼット」全幕* ほか
1995年
1995年
「シンデレラ」全幕 ほか
1994年
1994年
「リゼット」全幕、「白鳥の湖」全幕、「くるみ割り人形」全幕 ほか
1993年
1993年
「ドン・キホーテ」全幕、「白鳥の湖」全幕、「くるみ割り人形」全幕 ほか
1992年
1992年
「白鳥の湖」全幕、「シンデレラ」全幕、「くるみ割り人形」全幕 ほか【「深川秀夫バレエの世界」に賛助出演。演目「ソワレ・ド・バレエ」ほか。】
1991年
1991年
「シンデレラ」全幕バレエ団初演(振付:S・メッセレル) 「白鳥の湖」全幕、「くるみ割り人形」全幕 ほか
1990年
1990年
「リゼット」全幕、「白鳥の湖」全幕、「くるみ割り人形」全幕 ほか
1989年
1989年
創立40周年記念公演「令嬢ジュリー」日本初演 「ロメオとジュリエット」*(ともに演出振付:B.クルベリ)、「白鳥の湖」全幕 ほか
【創立40周年。】
1988年
1988年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕(文化庁優秀舞台芸術奨励公演) ほか
1987年
1987年
「リゼット」全幕(ゲスト:趙民華)、「パ・ド・カトル」「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕 ほか
1986年
1986年
「ドン・キホーテ」全幕*、「白鳥の湖」全幕、「くるみ割り人形」全幕、「皐月の宵」(振付:ロイ・トバイアス) ほか
1985年
1985年
「妖精のくちづけ」(振付:ロイ・トバイアス)初演、「ロメオとジュリエット」*(振付:B.クルベリ)、「白鳥の湖」全幕 ほか
1984年
1984年
「白鳥の湖」全幕
1983年
1983年
「ジゼル」全幕、「くるみ割り人形」第2幕 ほか
【「おやこ劇場/子ども劇場」公演ふえる。】
1982年
1982年
「ドン・キホーテ」全幕、「白鳥の湖」全幕 ほか
【前年に続き台湾公演は、8日間満員御礼の大成功。「白鳥の湖」「ジゼル」「ドン・キホーテ」第3幕を上演。】
1981年
1981年
「バヤデルカ」全幕日本初演(振付:S.メッセレル) 「白鳥の湖」全幕 ほか
【初の海外公演(台湾)。「白鳥の湖」第2幕、「ドン・キホーテ」第3幕 ほかを上演。】
1980年
1980年
創立30周年記念公演「ロメオとジュリエット」(振付:B.クルベリ)日本初演
【創立30周年。】
1979年
1979年
「リゼット」全幕、「くるみ割り人形」全幕 ほか
1978年
1978年
「リゼット」全幕 ほか
1977年
1977年
「白鳥の湖」全幕 ほか
【自主公演としては10数年ぶりに「白鳥の湖」を上演。】
1976年
1976年
「白鳥の湖」全幕 ほか
【研究所では一般入門科クラスを新設。】
1975年
1975年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕 ほか
【自主公演は行われなかった。団員個々には外部へのゲスト出演が増えていった。】
1974年
1974年
谷桃子引退公演「ジゼル」全幕、「白鳥の湖」全幕 ほか
1973年
1973年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕 ほか
【NHKホールの柿落とし、イタリアオペラの公演に参加。】
1972年
1972年
「トゥオネラの白鳥」改訂版(振付:谷桃子、遠藤啄郎)「永遠の詐欺師カリオストロ」「白鳥の湖」全幕 ほか
1971年
1971年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕、「ハイドンの主題による変奏曲」(振付:ロイ・トバイアス) ほか
1970年
1970年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕、「コンチェルト・ガーラント」 ほか
【アトリエ公演開始。】
1969年
1969年
「白鳥の湖」全幕 ほか
【小牧バレエ団などの協力により公演は続けられたが、回数は激減した。】
1968年
1968年
「くるみ割り人形」全幕バレエ団初演
【創立メンバーのひとりである有馬五郎をはじめ、10数名が退団。】
1967年
1967年
「コッペリア」全幕バレエ団初演
1967年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕 ほか
【「白鳥の湖」の上演回数が、年間40回にせまる。】
1966年
1966年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕、「ドン・キホーテ」全幕 ほか
【研究所の生徒も100人をこえ、発表会も毎年開かれるようになる。】
1965年
1965年
「ドン・キホーテ」全幕日本初演(振付:S.メッセレル)
1965年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕、「リゼット」全幕 ほか
1964年
1964年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕、「リゼット」全幕 ほか
【元日にNHKで「白鳥の湖」放映。】
1963年
1963年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕、「レ・シルフィード」 ほか
1962年
1962年
「リゼット」全幕日本初演
1962年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕、「レ・シルフィード」「くるみ割り人形組曲」 ほか
1961年
1961年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕、「レ・シルフィード」 ほか
【「サンセバスチャン1912年」(作:ロイ・トバイアス)に参加。】
1960年
1960年
「白鳥の湖」全幕、「レ・シルフィード」 ほか
1959年
1959年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕、「だったん人の踊り」
【目黒区中根にバレエ団研究所が完成。バレエ団研究所発表会が始まる。】
1958年
1958年
「白鳥の湖」全幕、「ジゼル」全幕、「だったん人の踊り」 ほか
【前年の「ジゼル」公演、舞踊ペンクラブ賞受賞。NHK「バレエの夕べ」開始。】
1957年
1957年
「ジゼル」全幕バレエ団初演
1957年
「火の鳥」「白鳥の湖」全幕 ほか
【前年の「白鳥の湖」公演が大阪芸術祭賞受賞。】
1956年
「白鳥の湖」全幕、「カルナバル」「くるみ割り人形組曲」 ほか
【松竹映画「愛と知恵の輪」のバレエ舞台シーン「白鳥の湖」第2幕に出演。】
1955年
1955年
谷桃子帰国記念公演「白鳥の湖」全幕バレエ団初演(10月関西、11月東京公演)
1954年
1954年
「くるみ割り人形組曲」「白鳥の湖」第2・3幕 ほか
【谷桃子、パリ留学。バレエ団関西研究所第1回発表会。】
1953年
1953年
「ロマンティック組曲」「コッペリア」第2幕、「白鳥の湖」第2・3幕 ほか
【「コッペリア」NTV(日本テレビ)で生放送。この年より「白鳥の湖」の第2幕と第3幕を続けて上演するスタイルを取り入れる。】
1952年
1952年
「レ・シルフィード」「白鳥の湖」第2幕 ほか
1951年
1951年
「火の鳥」日本初演
1951年
「トゥオネラの白鳥」「コッペリア」第2幕、「白鳥の湖」第3幕 ほか
【東宝映画「舞姫」に団員総出演。】
1950年
1950年
「白鳥の湖」第2幕、「レ・シルフィード」「ウィーンの森の物語」「パガニーニの幻想」「バラの精」 ほか
1949年
1949年
「レ・シルフィード」「オネーギン」 ほか
【谷桃子バレエ団設立。】
1948年
1948年
【バレエ団の前身である「東京バレエ研究会」を大滝愛子、長谷川訓子、内田道生、有馬五郎、田中好道らと発会。】

PAGE TOP





Copyright ® TANI MOMOKO BALLET. All Rights Reserved.