指導方針

カリキュラム

クラス 目安年齢 曜日 主な内容
Cクラス 3歳~ 年少~ 木・土 音楽に合せて踊ることの楽しさを感じるクラス。
楽しみながら協調性、集中力も養います。
Bクラス 5歳~ 年長~ 日・水 腕、足のポジションなどバレエの基礎を学びながら、正しい立ち方、しなやかな振る舞いなどを習得します。
Aクラス 7歳~ 小2~ 月・水・土 更なるバレエの基礎、ステップを習得し、動きに必要なターンアウト、身体の軸(センター)作りをします。
トゥシューズを履くための身体の準備をします。
ジュニア 9歳~ 小4~ 日・火・土 本格的なバレエステップを学びながら、これまでに習得した音楽性、表現力など感性をさらに磨きます。
トゥシューズの基礎を習得します。
中等科 12歳~ 中1~ 日・火・水・土
(水:特別クラス)
プロのバレエダンサーを目指し、年齢レベルにあった密度の高い指導によりレベルアップしていきます。
カリキュラムにはヴァリエーション、パ・ド・ドゥなどが含まれ、舞台人に必要な情感豊かな人間性、動きの特質、音楽性など、バレエテクニックに加えクオリティの高い感性を養います。
研修終了し選出された生徒は谷桃子バレエ団へ推薦入団の特権があります。
高等科 15歳~ 高校生~ 月・水・金・土
(水:特別クラス)

スケジュール

附属アカデミー

教師

尾本 安代

尾本 安代

Yasuyo Omoto

経歴

神奈川県出身。谷桃子バレエ団研究所入所(1968)。谷桃子バレエ団 入団(1972年4月)。東京新聞主催全国舞踊コンクールにおいて 第1位文部大臣奨励賞受賞(1973年)。文化庁派遣芸術家在外研修員として キューバ国立バレエ団 及びモナコ・バレエアカデミーに留学(1978年~1979年)。フランス ナント・オペラ劇場にゲスト出演。 フランスのプリンシパルダンサー/ミッシェル・ブルーエルと「 黒鳥パ・ド・ドウ」等を踊る(1979年12月)。「尾本安代特別公演」(バレトメニア主催) にてキューバ国立バレエ団のアリシア・アロンソより指導を受け「 カルメン」を踊る(1980年)。フランスで結成されたグループ "ダンスーズ 81"のメンバーとしてイタリア公演:フィレンツェ・ピサ・ リボルノ 等で踊る(1981年)。以後1984年迄パリと東京を往復しながら公演活動を続ける。同グループのパリ・中南米公演にて創作バレエ「蝶々夫人」 に主演。谷桃子バレエ団台北公演にて「白鳥の湖」に主演(1982年)。谷桃子バレエ団新春公演「ジゼル」に主演(1983年)。パリにて創作バレエ作品に主演(1984年)。以降 谷桃子バレエ団にては主な主演作品として 「白鳥の湖」オデット・オデイール、「ドン・キホーテ」キトリ、「バヤデルカ」(日本初演) ニキア、「ジゼル」等。銀座セゾン劇場の開場記念公演「仮面の四季」にて 能・狂言・現代舞踊・日本舞踊の舞踊家達と共演。振付: 尾上菊之丞(1987年5月)「厚木凡人ダンスカンパニー」に ゲスト出演。ユウゴスラビアのザグレブビエンナーレに参加。ザグレブ・リュブリャーナにて創作作品を踊る(1989年4月)。谷桃子バレエ団40周年記念公演にてスウエーデンのクルーベル振 付「令嬢ジュリー」(日本初演)に主演(1989年10月)。べラームステージクリエイト公演にゲスト出演。振付:多胡 寿伯子「緋文字」に主演(1995年10月)。以降現在迄、多胡寿伯子、石井潤、深川秀夫、上田遥、後藤早知子 、望月則彦、中島素子氏等の数多くの創作作品に出演。新国立劇場 マクミラン版「ロミオとジュリエット」(日本初演)にてキャピュ レット夫人を踊る(2001年10月)。谷桃子バレエ団「コンテンポラリーダンス トリプルビル」公演にて 広崎うらん振付作品に出演(2017年7月)。

受賞1987年 橘秋子賞優秀賞受賞、1989年 服部智恵子賞受賞、現在 NPO法人 総合芸術支援協会理事長、全国鎌倉バレエコンクール審査員長、東 京新聞主催全国舞踊コンクール審査員等をつとめる。現在 芦屋大学 経営教育学部経営教育学科バレエコース客員教授。

大塚 礼子

大塚 礼子

Reiko Otsuka

経歴

山梨県出身。足立四津子バレエ研究所にて5才よりモダンバレエを始める。1973年谷桃子バレエ団に入団。『白鳥の湖』オデット役でデビュー。1977年文化庁派遣芸術家在外研修員に選ばれ、アメリカンバレエシアタースクールに2年間留学、その後フランスに渡り、ノラ・キッス ジャン・クロード・ルイーズの指導を受け帰国。1980年ビルギット・クルーベリー振付『ロミオとジュリエット』で好評を博す。谷桃子バレエ団の全公演の他、『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『ジゼル』『ドン・キホーテ』『バヤデルカ』『海賊』など、古典全幕バレエの他、創作作品も数多く主演。『バレトメニア』『ダンスーズ82“』『深川秀夫バレエの世界』などのカンパニーに参加。パリ、中南米、キューバ、台湾、香港など、創作バレエで海外公演を行う。1998年には、新国立劇場開場記念公演で折田克子振付『ふくろうの唄』に主演。新国立劇場バレエ団公演マクラミン振付『ロミオとジュリエット』乳母役、『マノン』マダム役などで出演している。現在、大塚礼子バレエスタジオ主宰、日本音楽高等学校バレエ科講師として後進の指導にあたっている。

受賞歴芸術選奨文部大臣新人賞、山梨県芸術部門・野口賞、日本バレエ協会 第6回服部智恵子賞、橘秋子賞助演優秀賞受賞

団レパートリー『ロミオ&ジュリエット』『白鳥の湖』『ジゼル』『ドン・キホーテ』『バヤデルカ』他

好きな演目ビルギット・クルベリー氏振り付けによる『ロミオ&ジュリエット』初演のジュリエットを演じる。

谷桃子先生との思い出谷先生の引退公演『ジゼル』コールドバレエとして出演しましたが、先生のジゼルの演技に涙がこらえられませんでした。今も目に焼き付いて離れません。

朝枝 めぐみ

朝枝 めぐみ

Megumi Asada

谷桃子バレエ団教師及びミストレス
谷桃子バレエ団アカデミー教師

大阪府高槻市出身。6歳よりバレエを始め、山本禮子、宮城昇、原田高博に師事。1990年 第23回埼玉全国舞踊コンクール1部第3位受賞。ベルギー短期留学。1991年 第48回全国舞踊コンクール・ジュニア部第3位。第6回青山バレエフェスティバルに出演。1992年 山本禮子バレエ団中国公演ツアーに出演。1993年 第50回全国舞踊コンクール・シニア部第1位、文部大臣奨励賞、ルフトハンザドイツ航空会社賞を受賞。第7回モスクワ国際バレエコンクール第2位、銀賞及びディアギレフ特別賞を受賞。1994年 ベラルーシ国立ミンスク・ボリショイバレエ団の招待を受け「白鳥の湖」全幕の主役を踊る。第1回ヌレエフ記念国際コンクール・ガラコンサートツアーに出演。日本バレエ協会主催第5回ヤングバレエフェスティバルに出演。第3回ペルミ国際バレエコンクール特別賞を受賞。第3回ソウル・インターナショナル・バレエフェスティバルに出演。オーストリア・ザルツブルク州立バレエ団入団。「バレエ誕生」TV出演、「ドン・キホーテ」グラン・パ・ド・ドゥを踊る。1995年 第10回青山バレエフェスティバル、青山バレエフェスティバル・イン・大阪・スペシャルガラ公演に出演。1998年 谷桃子バレエ団入団。日本バレエ協会主催第9回ヤングバレエフェスティバル「卒業舞踏会」にて、第2即興ソロを踊る。熊川哲也プロデュース「MADE IN LONDON」に出演。1999年 熊川哲也バレエ・インディペンダンス・ジャパン・ツアーに出演。谷桃子バレエ団「くるみ割り人形」全幕にて金平糖の精を踊る。2000年 再度、ベラルーシ国立ミンスク・ボリショイバレエ団の招待を受け、「白鳥の湖」全幕の主役を踊る。2002年 谷桃子バレエ団公演、「白鳥の湖」にてオディールを踊る。2004年 谷桃子バレエ団新春公演「ドン・キホーテ」全幕にて主役を踊る。2006年 谷桃子バレエ団新春公演「ラ・バヤデール」全幕にて主役を踊る。2008年 第51回NHKニューイヤーオペラコンサート「ダッタン人の踊り」にて奴隷の姫を踊る。2009年 谷桃子バレエ団創立60周年記念公演「白鳥の湖」にてオディールを踊る。2012年 NHK「バレエの饗宴」谷桃子バレエ団「ダッタン人の踊り」にて、奴隷の姫を踊る。他、コンクール審査員、後進の指導にもあたっている。

団レパートリー「くるみ割り人形」金平糖の精、「白鳥の湖」オデイール、「ラ・バヤデール」ニキヤ、ガムザッティ、「ドン・キホーテ」キトリ、「ダッタン人の踊り」奴隷の姫 など

好きなレパートリー「ラ・バヤデール」「ドン・キホーテ」「ジゼル」など

谷桃子先生との思い出よくお互いの愛犬のお話をさせていただきました。いつも私の愛犬チュチュのことをかわいがってくださり、「チュチュは元気?」と話しかけてくださいました。偉大な先生なのにもかかわらず、いつも気さくに優しく接してくださった事をとても覚えています。

雨宮 準

雨宮 準

Jun Amemiya

経歴

5歳よりユミクラシックバレエスタジオにて深沢由美に師事。2000年オランダ、王立コンセルヴァトワールへ留学。2002年第30回ローザンヌ国際バレエコンクールセミファイナリスト。2003年同校卒業後帰国、原麻衣子ジュニアバレエ入所。2008年谷桃子バレエ団入団。以降『白鳥の湖』全幕にてパドトロワ、四羽『くるみ割り人形』全幕にてあし笛『ジゼル』全幕にてパドシス『リゼット』全幕にてリゼットの友人『シンデレラ』全幕にて秋の精、オレンジ『海賊』全幕にてギュリナーラ、文化庁主催平成28年度文化芸術による子供の育成事業、地方公演にて『白鳥の湖』第3幕のオディール等を踊る他、バレエ団以外でも日本バレエ協会主催ヤング·バレエ·フェスティバル『パキータ』にてパ·ド·トロワ、平成27年度全国合同バレエの夕べ『卒業舞踏会』にてフェッテ競争等踊る。第3回ザ·バレコン東京シニア部第二位。

団レパートリー『白鳥の湖』オディール、パドトロワ、四羽、『くるみ割り人形』あし笛、中国、『眠れる森の美女』勇気の精、『海賊』ギュリナーラ、『ドン・キホーテ』キトリ、第1ヴァリエーション

好きな演目白鳥の湖

佐藤 麻利香

佐藤 麻利香

Marika Sato

経歴

5歳より高橋富美子バレエ学園にてバレエを始める。2004年カナダGoh Ballet Academyへ留学。2005年より同校スカラシップ留学。2008年卒業後、Banff Dance Program に参加。ジョージ・バランシン振付『Divertmento#15』第5variation、ペギー・ベイカー振付『Julio Lumo』リーダーを踊る。同年、Ballet Ireland に入団 『Swan Lake』オデット/オディールを踊る。2009年谷桃子バレエ団に入団。『ドン・キホーテ』第3幕 第1 variation、『リゼット』リゼットの友人、『ラ・バヤデール』パダクションゴールド、第3幕 第2 variation、『白鳥の湖』オディールなどを踊る。2012年新春公演『シンデレラ』において主役デビュー。その後『ライモンダ』ライモンダ、『くるみ割り人形』金平糖の精、『白鳥の湖』オデット/オディール、『ジゼル』ジゼル、『海賊』メドーラ、『眠れる森の美女』オーロラ姫、『ドン・キホーテ』キトリなどを踊る。また谷桃子バレエ団附属アカデミー講師、洗足学園バレエコース非常勤講師を務める。

受賞歴2004年バレエコンクール in 横浜 クラシック部門 第2位、2005年アジアパシフィック国際バレエコンクール ファイナリスト

好きな演目ジゼル、ラ・シルフィード、ラ・バヤデール

谷桃子先生との思い出初めて白鳥/黒鳥を指導していただいた時、お手本を見せてくださいました。ほんの少しの動きなのに谷桃子先生の周りの空気ががらっと変わり魅了させられました。あの時の谷桃子先生の表情は今でも鮮明に覚えています。

小畑 奈美子

小畑 奈美子

Namiko Obata

経歴

5才より父の赴任地アメリカ カルフォルニア州オレンジカウンティーの、アーバイン・ダンスアカデミーにおいてバレエを始める。帰国後細野美江子バレエスタジオ入所。10才より久光孝生に師事。1999年日本大学芸術学部演劇学科入学。同年谷桃子バレエ団研究所に入所。2003年日本大学芸術学部演劇学科卒業。同年谷桃子バレエ団準団員。2004年谷桃子バレエ団団員となる。現在洗足学園音楽大学ミュージカルコースバレエ講師。谷桃子バレエ団附属アカデミー教師。1994年埼玉全国舞踊コンクールクラシックバレエジュニア部埼玉県舞踊協会賞。1998年板橋区洋舞コンクールクラシックジュニア部板橋区洋舞連盟奨励賞。

団レパートリー「白鳥の湖」四羽の白鳥、チャルダッシュソリスト、「シンデレラ」オレンジ、「リゼット」リゼットの友人、「ジゼル」パドシス、「くるみ割り人形」ロシア菓子

好きな演目ドンキホーテ・くるみ割り人形・リゼット・ジゼル…等

谷桃子先生との思い出私が研究所高等科に在籍していた頃、その最後の発表会でドン・キホーテのドルシネア姫を踊らせていただきました。その時、谷先生は手の使い方から表現方法にいたるまで、とても細かく熱心にご指導下さいました。あの時間は今でも私にとって宝物だと思っております。もう一つは、バレエ団の60周年記念公演です。この数々の公演を谷先生に直接ご指導をいただいて舞台に立てた事、大変光栄に思っております。今後は舞台や生徒指導を通じて、先生の技術、また何よりバレエの情熱を、子供たちにもしっかり伝えて行かなくてはと思っております。

飛沢 由衣

飛沢 由衣

Yui Tobisawa

経歴

2歳よりバレエを始める。本田世津子 飛沢多可子に師事。1996年 谷桃子バレエ団研究所入所。同バレエ団公演に子役として出演。2001年 英国エムハーストウィズバーミンガムロイヤルバレエスクール入学。在学中にバーミンガムロイヤルバレエ団公演『春の祭典』『火の鳥』に出演。世界体操競技選手権バーミンガム大会オープニングセレモニーにコンテンポラリー作品で出演。2005年 同バレエスクール卒業、ナショナル ディプロマ イン プロフェッショナルダンス取得。2006年 同バレエスクール研修、ポスト グラジュエート サティフケイト イン プロフェッショナルダンス取得。2008年 谷桃子バレエ団団員となる。谷桃子バレエ団60周年記念全公演に出演。2014年 谷桃子バレエ団研究所 教師となる。2016年 洗足学園音楽大学 非常勤講師となる。2017年 谷桃子バレエ団スタジオカンパニーバレエミストレス補佐 レッスン教師となる。日本バレエ協会公演、都民芸術フェスティバル 『アンナカレーニナ』パ•ド•シス、神奈川ブロック 『白鳥の湖』3羽の白鳥 『眠れる森の美女』元気の精 『ドン•キホーテ』ジャネッタ 等を踊る。

団レパートリー『ジゼル』ウィリーたち・『白鳥の湖』白鳥たち、スペイン、チャルダッシュソリスト・『くるみ割り人形』トレパック スペイン・『バヤデルカ』女官、影

好きな演目『ジゼル』『バヤデール』『レ•ミゼラブル』『マノン』『ロミオとジュリエット』

谷桃子先生との思い出谷先生からいただいた2つの宝物があります。1つはコンクールレッスンを見て頂いたお礼のお返しでいただいてしまったトウシューズです。感動し過ぎて一度も履けずに大切にとってあります。もう1つは留学中にいただいたお手紙です。お忙しいのにお手紙を書くとお返事を下さいました。あの先生の字で「しっかりとお勉強してきて下さい」と書いてあり、身が引き締まりました。

佐々木 和葉

佐々木 和葉

Kazuha Sasaki

経歴

大塚礼子、尾本安代、深川秀夫のもとでバレエを始め、谷桃子バレエ団研究所に入所。1998年谷桃子バレエ団に入団。2001年第58回全国舞踊コンクール、バレエ・パ・ド・ドゥ部第1位。文部科学大臣賞、東京都知事賞、日本バレエ協会賞、特別賞バレエ奨励賞を受賞。同年K-BALLET COMPANY「ジゼル」全国ツアーにドゥ・ウィリー役で参加する。2002年バレエ団新春公演「白鳥の湖」全幕にてプリマデビュー。以降、「くるみ割り人形」全幕、「ジゼル」全幕、「ラ・バヤデール」全幕、「シンデレラ」全幕、クルべり版「ロメオとジュリエット」全景、「ライモンダ」第3幕、「眠れる森の美女」第3幕、谷桃子振付「ロマンティック組曲」、日原永美子振付「オディールの涙」、そのほか数多くの公演、作品に主演している。また、バレエコレクション in OSAKA スーパーガラ、ドリーム・オブ・ダンサーズ、佐多達枝振付OFC公演、早川恵美子・博子バレエスタジオ公演などに客演し、日本バレエ協会各種公演でも主要な役を踊っている。現在、谷桃子バレエ団プリンシパル。谷桃子バレエ団附属アカデミー教師。

好きな演目「ジゼル」、「ラ・バヤデール」、「椿姫」、クルベリ版「ロミオとジュリエット」