フェアリークラス

赤城 圭

赤城 圭

Kei Akagi

経歴

貝谷八百子芸術学院演劇科に学び、1973年チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。 1973年、1975年ヨーロッパ公演にて「レ・シルフィード」の詩人を踊る。
1981年谷桃子バレエ団へ移籍。以後プリンシパル・ダンサーとして「白鳥の湖」「ジゼル」 「ドン・キホーテ」「リゼット」「シンデレラ」などの全レパートリーに主演するほか、1986年日本バレエ協会主催都民芸術フェスティバル「眠れる森の美女」にて王子を踊るなど 各地で活動する。現在も国内外で活躍する傍ら、バレエ・マスターや団員クラス教師を務めるなど後進の指導にあたる。 橘秋子賞奨学金受賞。世界バレエコンペティション優秀賞。 全日本舞踊連盟理事、日本バレエ協会常務理事を経て2011年1月谷桃子バレエ団団長に就任。
2015年4月より洗足学園音楽大学バレエコース客員教授を務める。

三木 雄馬

三木 雄馬

谷桃子バレエ団 プリンシパル

幼少期より島田輝記バレエ研究所にてバレエを始める。2000年、ロシア国立ワガノワバレエアカデミーに留学。卒業後ロシア国立サンクトペテルブルクアカデミーバレエ入団。最年少ファーストソリストとなり「くるみ割り人形」にて主演デビューする。2008年谷桃子バレエ団入団。以後全ての作品に出演し、ダイナミックな動きを持ち味に表現者として高く評価されている。国内外のガラ公演に客演する他、「レディマクベス」全国ツアー主演、東京国立博物館グランドオープニング記念公演、TEPCO 世界劇「黄金の刻」、ブロードウェイミュージカル「回転木馬」、Audi japan premiumではA6 Avantイメージダンサー等多種多様な舞台で活躍。2002年 全日本バレエコンクール 第1位文部科学大臣奨励賞、2011年 舞踊批評家協会新人賞、2013年 とくしま芸術文化奨励賞 等々多数受賞。2016年 洗足学園音楽大学 バレエコース 特別講師に就任。

谷桃子先生との良い思い出高部尚子さんと共演させて頂いたクルベリ版「令嬢ジュリー」。最後にジュリーを刺した時の手の感触は芝居とはいえ、言葉を失うモノでした。

谷桃子先生との残念な思い出初めて谷先生に褒めて頂けた舞台の打ち上げで、谷先生が選んで下さった赤ワインで潰れてしまった…クラクラしながら見た諸先生方の冷やかな目がたまに夢に出てきます。