芸術監督 御挨拶

谷桃子バレエ団 入団オーディション

2020年記念すべき年を迎え、皆様におかれましてもご清栄ご清祥の事とお喜び申し上げます。
今年谷桃子バレエ団は創立70周年を迎える事が出来ました。
これもひとえに劇場に足を運んで下さるお客様のおかげと心より感謝申し上げます。
谷桃子バレエ団はこれを機会に株式会社NBHを運営にお迎えし、
共に手を携えて新たなスタートを切る事になりました。
引き続き芸術監督を務めさせて頂きます。何卒宜しくお願い申し上げます。

新春公演では沢山のご来場誠に有難うございました。
谷桃子バレエ団では ①継承し続ける古典作品 ②時代と共に変化して行く、
また新しく取り組む古典作品 ③創作、コンテンポラリー作品の3本の柱を軸としております。
引き続き、4月にはNHKバレエの競演「海賊」ダイジェスト、7月には日生劇場「海賊」と、
今年はオリンピックイヤーという事で、躍動感のある華やかなで激しい動きの作品を上演致します。
近年エルダー・アリエフ氏に「海賊」「眠れる森の美女」と振付演出して頂いておりますが、
これはまさしく新しく取り組んできた古典作品の一環となります。
9月には70周年記念のバレエ・ガラ公演も予定しております。
谷桃子先生が残して行かれた宝を磨きながら、常に新しい一石を投じたい。
このような想いで日々邁進して行く所存でございますので、
今年も谷桃子バレエ団をお引き立てくださいますようどうぞ宜しくお願い申し上げます。

谷桃子バレエ団 入団オーディション